アンチエイジングの為のオススメの スキンケア&ドリンク・サプリ習慣

ad健康

シミ、シワ、たるみ、くすみ・・・。

年齢を重ねるとともに肌の悩みが増えてきたと感じていませんか。

若々しい肌を保つためには、すぐにでも肌のためにできる習慣やお手入れ方法を取り入れることが大切です。

そこで、手軽にできる肌のための習慣を紹介します。

そもそもアンチエイジングとは?

『アンチエイジング』という言葉。美容に対する意識が高い女性に限らず、日常的に良く聞く言葉となりました。

でば、みなさんは『アンチエイジング』とはどういう意味がご存知でしょうか?

若い肌みずみずしい肌を取り戻すことだと考えていませんか。

いえ、ズバリ『アンチエイジング』とは『老化に対抗する』というなのです。

人間は、生まれた瞬間から老化が始まります。

でも若い頃はその老化の速度は本当に緩やかで、老化自体に気が付かない・気を止めない人が多いでしょう。

しかし、お肌の曲がり角と言われる25才頃から始まり、30才、35才、40才・・・と年を追うごとに、肌の悩みは増えていきます。

肌の悩みを抱える人は90%以上

美容家電を販売するヤーマンが20代から50代の女性500人を対象に「肌悩み」に関するアンケートを実施しました。

「現在、肌の悩みはありますか」という質問に対して「ある」と回答した人は93%という結果になりました。女性の大部分が肌の悩みを抱えているのです。

具体的な悩みについては、どの年代でも毛穴に開き・シミが上位に入っていました。

年代別に悩みをランキング形式で見てみるとこのようになります。

・20代
1位・毛穴の黒ずみ
2位・乾燥、かさつき
3位・毛穴の開き

・30代
1位・毛穴の開き
1位・シミ (同数で1位)
3位・毛穴の黒ずみ

・40代
1位・シミ
2位・毛穴の開き
2位・乾燥、かさつき (同数で2位)

・50代
1位・シミ
2位・シワ
2位・ハリ、弾力のなさ (同数で2位)

年代が上がるほどシミとシワに悩む方が多く、30代から50代ではどの年代でもシミがランクインをしています。

年齢によって肌の悩みは違い、年齢を重ねるほどに悩みが増えてくるといえるでしょう。

「肌悩みを解決するためには、年齢に合わせたスキンケアが必要だと思いますか」という質問には、93%が「そう思う」と回答をしています。

多くの方が実感しているように、肌悩みを解決するためには年齢にあわせたスキンケアが必要なのです。

 

アンチエイジングのために行いたいスキンケア

20代の肌と40代の肌を比べて大きく違うことが肌の水分量です。理想的な肌の水分量は40%ほどですが、加齢に伴い肌水分量が低下をしてきます。

若々しい肌を保つために大切なことが潤いを保つことです。

肌の水分が減少をしてくると、キメが乱れる、化粧ノリが悪い、シワが目立つなどの肌悩みが増えてくるようになります。

そのため、保湿を重視したスキンケアを行うことがアンチエイジングにつながります。

高濃度水素水メグミオ

・化粧品で保湿

肌の潤いは細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂によって守られています。

細胞間脂質が占める割合は80%ほどです。細胞間脂質を構成する成分がセラミドで、肌にセラミドが十分な量含まれていることで肌の潤いが保持されます。

また、セラミドには肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能をサポートする働きもあり、セラミドが十分な量存在していることで乾燥しにくくもなります。

セラミドには、疑似セラミド、ヒト型セラミド、植物セラミドなどいくつかの種類がありますが、さまざまある中でもおすすめがヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドは人の肌にもともと存在しているセラミドと似た構造をしており、肌なじみがよく保湿力があることが特徴です。製品の原料名には「セラミド1」「セラミド2」などと表記されています。

 

・潤いを逃がさない洗顔方法

洗顔をすると肌の潤いが失われてしてしまいます。

しかし、肌に汚れが残っていると残った汚れによって肌トラブルを起こすので洗顔をしないわけにはいきません。

乾燥が進行しないようにするためには、洗顔方法にポイントがあります。

ポイント1

洗顔料はよく泡立てて使いましょう。

洗顔中に肌をこすってしまうと摩擦が生まれてバリア機能が低下をしてしまい、肌が乾燥しやすい状態になります。

泡をたっぷりと作っておくと泡がクッションになって洗顔中の摩擦が軽減します。

ポイント2

洗い流す際には水またはぬるま湯を使用します。熱いお湯を使うと肌を傷つけて、潤いも逃げてしまいます。

アンチエイジングに効果あり!おすすめは適度な運動

体を適度に動かすことで、血流が促進され、肌へ栄養が行き届き、老廃物の排出にも効果が考えられます。

年齢を重ねるごとに、代謝は落ち、老廃物が体に蓄積されていきます。

アンチエイジングの為に、適度に運動することで、肌だけではなく体全体への好影響がでます。

手軽に始められる代表的なトレーニングに、ウォーキングがあります。

時間や回数などにこだわると、長く続かない事が多いので自分の出来る無理ない範囲から始めるのがオススメです。

まとまったウォーキングの時間が取れない人は、『通勤時に一駅歩く』や『エレベーター・エスカレーターは使わずに階段を使う』など、少し心がければ続けられる方法をご自分のライフスタイルに合わせて取り入れましょう。

ただし、むりなトレーニングは逆効果になることもあるので、注意が必要です。

食事に気を遣う

体は食べたものでできているので、若々しい肌を保つためには食事から必要な栄養素を摂取する必要があります。

ジャンクフード、インスタント食品、お菓子ばかり食べていては、体が必要とする栄養素が不足します。肌のためにはバランスがよい食事を心がけましょう。

魚・大豆・野菜・果物・海藻・穀物などさまざまな食材を万遍なく食べていると栄養素のバランスがよくなります。

特にアンチエイジングのためには抗酸化成分を含む食品がおすすめです。

老化の原因といわれている物質が活性酸素です。呼吸をすると取り込んだ酸素の2%ほどが活性酸素に変わります。

他にもストレス、大気汚染、食品添加物、睡眠不足などでも活性酸素が体内で増えます。生きていれば活性酸素の発生をゼロにはできないのです。

抗酸化成分は活性酸素の害を抑えてくれる物質です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどにその働きがあります。

野菜や果物は体内でビタミンAに変換されるβカロテン、ビタミンC、ポリフェノールを多く含有しています。

こんな食品で抗酸化成分を摂取しよう

【ビタミンC】
ビタミンCが豊富といえば、緑黄色野菜やフルーツなどがあげられます。パプリカ・ブロッコリーなど色の濃い野菜や、いちごやかんきつ類などのフルーツがおすすめです。

野菜や果物は手軽に食べられため、普段の食事に取り入れやすいのいいですね。

【ビタミンE】
ひまわり油やベニ花油、、ごまやアーモンド・ピーナッツなどに豊富に含まれています。

ちょっと小腹がすいたら、お菓子代わりにビーナッツやアーモンドを食べるのもお勧めです。

【ポリフェノール類】
りんごや赤ワイン、コーヒーなどに豊富に含まれています。りんごの場合は、皮付近に栄養がたっぷり詰まっているので、皮ごと食べるのがお勧めです。

【ミネラル類】
ミネラルといって思いつくのはわかめやのりなどの海藻類ではないでしょうか。

お味噌汁にいれたり酢の物にしたり、手軽に取り入れられるのも魅力ですね。

こういった成分に気を使いながら、アンチエイジングをめざしたいものです。しかし、毎日数十種類の食材を摂取するのは、現実的に考えて難しい物です。そこで、おすすめなのが、アンチエイジングに効果が期待できる、ドリンクやサプリを摂取することです。

ドリンクやサプリなら忙しい方にも、簡単に始められるアンチエイジングではないでしょうか。

ドリンクやサプリメントなら手軽

もっと積極的にエイジングケアをしたいときには、ドリンクやサプリメントがおすすめです。

ドリンクやサプリメントを摂取することにはメリットがあります。

・手軽

調理をする必要がなく、コンビニやドラッグストアで購入できて、摂りたいときにいつでも摂れて手軽です。

・美容にうれしい成分を摂れる

プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸などは美容によいといわれている成分ですが、これらを食事から摂取することは難しいです。しかし、ドリンクやサプリメントなら簡単に摂ることができます。

・肌のことを考えて成分を配合

美肌を効果的にサポートすることを考えて成分を組み合わせている製品があります。

おすすめの成分

ドリンクやサプリメントといっても配合されている成分は製品によってさまざまです。いろいろな成分があるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまうことでしょう。

おすすめはプラセンタです。

プラセンタは動物の胎盤から抽出される成分で、ドリンクなどには豚や馬のプラセンタが使用されています。

プラセンタに含有される主な成分は、アミノ酸、ビタミン、糖質、核酸、成長因子です。これらはどれも美肌のために欠かせない成分です。

中でも注目したいものが成長因子で、細胞の新陳代謝を整えることが期待できます。

若々しい肌を保つためには常に新しい細胞が作られることが重要で、この点でプラセンタはアンチエイジングをサポートしてくれる成分といえるでしょう。

プラセンタ製品を選ぶ際には次のようなことに注目してみましょう。

馬プラセンタ100%サプリメント

・使用されているプラセンタの種類

ドリンクやサプリメントには、豚か馬のプラセンタを使用することが一般的です。

植物プラセンタというものもあり、これはは植物の胎座という部分から抽出しています。

動物性のプラセンタと同じような働きを持っているのでプラセンタと呼んでいますが、動物性プラセンタとは違って成長因子は含有していません。

豚や馬のプラセンタの場合はどのような飼育環境で育てられていたのかを確認しましょう。

豚であればSPF豚、馬であればサラブレッドだと徹底した管理のもと飼育されているので安全性が高いと考えられます。

・配合量を確認

配合量が少なすぎるようではプラセンタによる実感が期待できないかもしれません。

製品にはエキス量または純末量で記載されていますが、エキスの場合は水分を含んでいて、純末は水分量が少ないので、単純に数値で比較できません。

きちんと純末量が記載されている製品を選びましょう。

・飲みやすい味

プラセンタには独特の味があるといわれています。アンチエイジングのためには習慣にすることが大切ですが、飲みにくい味では続けることが難しいです。

続けるためにも飲みやすい味を選びましょう。

ドリンクやサプリだけに頼りすぎない!

アンチエイジングの為に、便利なドリンクやサプリを十分活用したいものですが、一つ注意点があります。それは、ドリンクやサプリだけに頼りすぎないことです。

もちろん、ドリンクやサプリの成分はアンチエイジングに効果があります。でもそれはあなたが、健康的な食事や運動、生活習慣を送って初めて実感できるものです。

簡単で便利なドリンクやサプリに頼りすぎずに、うまく付き合っていきましょう。

まとめ

女性なら誰でも願う美肌。

洗顔や食事、サプリやドリンクなど簡単に始められるアンチエイジング法は沢山あります。

年を重ねても、いつまでも綺麗な肌でいられるように、アンチエイジングを心がけてみてはいかがでしょうか。

高濃度水素水メグミオ

馬プラセンタ100%サプリメント

セルノート サプリメント

コメント