更年期障害などの中高年からの体調不良にオススメの対処法と評判

ブログ

中高年になると、これといった病気が無かったとしても、体の不調が出てしまうことがあります。
更年期障害は40歳代後半~55歳女性だけではなく、30歳代後半~50歳代の男性にもある病気です。男性の更年期障害は、女性とは異なり、軽い症状で済むことが多いようです。

更年期障害とは?

立ち上がった時にめまいがしたり、立ちくらみ、頭痛が出る人もいますし、頻尿や目のかすみなど、症状は人それぞれ全く違います。階段の上り下りがつらくなったり、イライラしやすくなった、寝つきが悪くなったといった話もよく聞きますね。
仕事や家庭でのストレス、環境の変化などで、ホルモンの分泌が急激に減少すると、更年期障害の症状がでやすくなることから、ストレス性疾患とも言われています。

更年期症状が重い人と軽い人の違いは尿中に排出されたエクオールの量からの関係性がわかりました。代謝物質であるエクオールの量が尿中に少ない人は更年期症状が重い事が判りました。

エクオールという物質はどのように作られるかを解説すると、大豆に含まれるポリフェノール、大豆イソフラボンは、大きく分けるとダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインの3種類に分類されますが、その中でもダイゼインが腸内細菌によって代謝されると、エクオールに変化して体内に吸収されるのです。

スポンサーサイト: 更年期障害 ストレス性疾患 女性 ツイルナ イライラ

大豆イソフラボン中のダイゼインの代謝物がエクオールであることは以前から判っていましたが、アメリカの研究者らによって1984年に人間の体内で女性ホルモンのように働くという研究の論文が発表され、エクオールの研究が段々と進むにつれて、大豆イソフラボンの女性ホルモンに似た作用の源がエクオールだと位置づけられるようになり、エクオールは更年期症状の改善だけではなく、骨粗しょう症予防や、メタボ改善作用などの研究結果が発表されました。

しかしながらエクオールを生み出す腸内細菌は日本人の中の50%未満の人が作り出すことができないことも報告されています。また、地域では関東の人よりも関西の人の方がエクオールの生成者が少なく、これは、関西人は納豆を食べる習慣が極端に少ないのもその理由とされています。

スポンサーサイト: 更年期障害 ストレス性疾患 女性 イライラ ナチュラエース

・立ちくらみ、めまい

立ちくらみやめまいは、血圧の調整が上手くいかずに、脳の血液の流れが一時的に少なくなり起こるものです。立ちくらみやめまいのある時は横になって休み、日頃から急な動きをしないしように努力することも大事です。めまいの種類は脳の障害による中枢性めまいと、内耳や神経の障害による末梢性めまい、さらに更年期によるめまいは、非前庭性めまいなどに分類されます。症状が重かったり長引いたりする場合は、他の病気も考えられますので、病院で受診することも考えた方がいいと思います。

・ほてり、のぼせ

エストロゲンの減少により自律神経が乱れ起こるものです。急に上半身が熱くなったり、顔だけがほてったり、汗が止まらなくなることもあります。

ホットフラッシュは顔や胸元などが熱くなり、ほおが赤くなったり大量の汗をかく症状で、更年期症状の初期にはよく見られる症状ですが、1日1回以上のホットフラッシュのあるエクオールが作れない女性に約3か月間エクオールを飲み続けてもらった結果、ホットフラッシュの回数が明らかに減りました。ここにもエクオール効果が証明されました。

アサイベリープラチナアイ

・不眠

睡眠をコントロールするホルモンが減少し、寝つきが悪くなったり、寝付いても夜中に何度も目覚めることもあります。

・肩こり、腰痛、関節の痛み

年齢を重ねていくと関節に違和感を覚えることもあるでしょう。階段の上り下りがつらい、長い時間立ったり歩いたりしていると膝が痛くなるなど、これは関節を支えている軟骨や筋肉が衰えはじめ、血液循環が悪くなったりすることによって起こるといわれています。

更年期には首や肩のこりや頭痛に悩まされる人も少なくありません。女性ホルモンの減少で血流が滞るためと考えられていますが、これも肩こりや首こりのある人が、エクオールを約3か月間摂取したところ、首や肩のこりが改善された報告が有ります。

スポンサーサイト: 関節痛 軟骨 膝痛 肩痛 サプリメント

・動悸、息切れ

激しい運動をしたわけでもないのに、急に心臓がドキドキしたり、少し歩いただけで、息が苦しくなったりします。これはエストロゲンの減少による自律神経の乱れから起こるものです。これらの症状は、更年期によくある症状ではありますが、一向によくならない場合は、呼吸器系や循環器系など病院に行って検査をすることをお薦めします。

その他にも、怒りやすい、イライラする、憂鬱になる、トイレが近い、疲れやすい、などの症状があります。

ナットウキナーゼなら納豆博士!

調子が悪いなと感じたら

食生活を見直してみましょう。
不摂生でも健康な人もいれば、身体にちゃんと気を使っても病気になったり怪我をしてしまう人もいます。
じゃあ何もしなくてもいいのではと思う人もいるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

ついつい若いときと同じ量を食べたり、偏った食事をしてしまっている人は多いと思います。
もちろん、そういう楽しみがたまにはあっても良いでしょう。

忙しくて食事の時間が取れないときもあると思います。一食抜いてしまったとしても、その日一日のトータルで栄養が取れていればいいかな、くらいに考えたほうが良いでしょう。毎食100%気を使うというのは大変ですし、それがストレスになってしまっては意味がありません。
ですが、今日は食べ過ぎたなと思う日は、次の食事の量を減らすとか、少し偏っているのならその偏りを正す努力はするべきではないでしょうか。

バランスの良い食事を心がけ、一日三食食べるということが基本です。女性ホルモンと似た働きをする大豆を意識的に食べるようにしたり、青魚や緑黄色野菜も意識して食べるようにしましょう。貧血になりがちな女性は鉄分が豊富な食材を意識してみてください。普段の食事からは補えない栄養をサプリメントから摂取するのも良いでしょう。もし病院に通っているなら、そこでちゃんと相談してから始めてみてくださいね。

スポンサーサイト: 尿漏れ 残尿感 夜間尿 残尿感 医薬品 生漢煎 八味地黄丸

それから適度な運動をすることも大事です。ストレッチなどで身体をほぐすと良いでしょう。身体が固いと、それだけで怪我に繋がりやすくなります。毎日ちょっとでもストレッチをすれば、徐々に身体が柔らかくなっていきます。
身体が柔らかくなるのはもちろんですが、血行が良くなり、冷え防止にも繋がります。
また、本格的な運動をする人は、続けやすいようにする工夫も必要になってきます。
ウォーキング等、軽い有酸素運動からはじめ、継続して続けていくことが大事です。

腰痛や頭痛等は、本当に痛ければ病院に行くでしょうが、なんとなく痛いとかたまに痛いくらいでしたら病院に行かないと思います。

体の不調は重大な病気のサインかもしれませんので、きちんと見極めるようにしてください。疲れがたまっているだけかもしれないと、あまくみていると、ほかの病気だと診断されてしまう場合もあります。

最大限に気を使っている人ももちろんいるとは思いますが、どこか雑になっている人もいるのではないでしょうか。
そういう人は、まず出来ることから始めてみましょう。

そうしないと、身体の状態が悪いほうに少しずつ変化していってしまうかもしれません。
急には無理でも、味付けを薄くするとか、量を微妙に減らしてみるとか、出来ることから始めてみましょう。
肉が多めなら減らす、野菜を摂っていないなら摂るようにするなど、出来ることはたくさんあります。

食生活が重要なのは当たり前ですが、もちろんそれだけではありません。
運動だって、同じくらい大事です。
ですが、闇雲にやればよいわけではありません。
まだ若いつもりで動くと、怪我に繋がってしまう可能性があります。

スポンサーサイト: レシチン サプリメント キユーピー 卵黄コリン

まとめ

体の不調というと、原因は様々です。
ストレスということももちろんありえますし、気圧という人もいます。
あまりこういうことは言いたくありませんが、病気が隠れている場合もあります。
特に気にしなくていい場合も、もちろんあります。
気にしすぎることで悪化してしまう可能性もあります。
ですが不安なら、病院に行ったほうが良いかもしれません。
病院に行って診察なり検査をしてもらって何も無ければ、安心してストレスがなくなり、症状もなくなることも十分にありえます。
何かあったとしてもそこまで大したことがなく、軽く処置してもらったり数日間薬を飲むことで治る場合もあります。
もちろん、そこまで短期で治らないものもありますし、長く付き合っていく場合もあるでしょう。
もし病気が見つかったとしても治療すれば治る可能性もあるので、希望をなくさないでください。
このように、体の不調と一言で言っても、どういう症状かとか、どのくらいで治るかというのは人によって違います。
ですが、本当に心配なら病院に行くことを恐れないということは大事です。忙しくて病院に行く時間がないなど、まともな食事が取れなくて、必要な栄養が不足していないか不安だと感じたら、少しくらいサプリメントに頼っても良いと思います。

今はいい薬がたくさんありますし、医療も発達しています。副作用が気になるときは、漢方薬を処方してくれる病院もあります。長年悩んでいたことがあっさり解決するということもあるので、気になるならまずは行動を起こしてみてください。

スポンサーサイト:

ドクターポジティブイ

アサイベリープラチナアイ

ナットウキナーゼなら納豆博士!

コメント