閉店 廃業 遺品整理 で不要になった什器を出張買取などで処分する方法

ビジネス

運営している店舗を廃業、あるいは閉店するという場合,または遺品整理などで考えなければならないのが、什器をはじめとする様々な備品を不用品として処分するという問題です。

スポンサーサイト: 閉店 廃業 遺品整理 生前整理 遺品処分 遺品回収 出張買取

 

日常生活の中で発生する不用品は簡単に廃棄することができますが、事務所などで使用していた大きな品となるとそうもいきません。重い品を集積所まで運ぶだけでも大変な労力が求められますし、分解して処分するにも手間がかかります。

処分のための準備を進めている最中に思わぬ事故により怪我をしてしまったというケースも決して珍しくはなく、安全面を考慮した場合にも得策とは言えません。

また、閉店・廃業に向けた貴重な時間を不用品の処分のために割かなければならないという点も経営者にとって非常に大きな問題として圧し掛かってしまうことでしょう。

様々な業務を並行して行わなければならない状況にあるにも関わらず、余計な手間とも言える不用品処分という作業が追加されることはとても厄介で、できることならば避けたい問題と言えます。

什器等の処分方法は

什器などの店舗で発生した不用品を処分する方法は様々です。

最も一般的な方法としては、各自治体に粗大ごみとして廃棄するという方法がありますが、これは前述した通り非常に手間のかかる処分方法です。

 

まず初めに、回収のための日程を確認してこれに合わせなければなりませんから、店舗閉店までの時間が限られているという場合には利用そのものが不可能という場合があります。

集積所までの運搬は原則として自分自身で行うことになりますから、店舗から指定の集積所まで距離があるというケースにおいてはトラック等のレンタルが必要になることもあります。

それに加えて粗大ごみの廃棄には費用がかかることが多く、金銭的な面でのデメリットが生じてしまうことも問題と言えるでしょう。

リサイクルショップのケイラック

民間業者に回収を依頼するという方法もあり、この方法を選べば什器や事務用品などを無料で出張買取してもらえる可能性が生じますし、店舗まで業者側が引き取りに来てくれるというケースです。

しかし、回収業者としても商売で不用品の回収を行っていますから、転売できる見込みがないという場合には回収を拒否されてしまうことがありますし、処分費用を請求されるという可能性も考慮しなければならなくなります。

最悪の場合には、むしろ粗大ごみとして回収してもらうよりも高額な費用がかかってしまうということもあり、便利なだけのサービスとは言い難いというのが実情です。

近年ではアプリが発達を見せており、地元で什器などを探している方に出張買取など無料で引き取ってもらうという方法を選んでも良いでしょう。

ただし、こういったアプリを利用しているのは主に一般の個人ですから、事務所で使用しているような什器に大きな需要があるとは言えません。

同じくフリマアプリやオークションサイトへの出品という方法も、不用品の処分方法としてはごく一般的です。

フリマやオークションを利用するメリットは、何と言っても自分が望む金額を付けて不用品を売りに出せるということですが、価格の相場を誤って付けてしまうと買い手は現れなくなってしまいます。

予定していた日にちまでに処分できず、閉店間際に追い込まれてしまうというリスクを考慮しなければなりませんし、例え売買が成立したとしても、自分自身で落札者とのやり取りを行わなければならないという手間が発生します。

そして梱包や発送の手続きも自分自身で行う必要があり、これを什器などで行うとなればやはり大変な手間になります。

1円などの極端に低い価格で落札されてしまった場合には、梱包料金によって赤字になってしまうということもありますから、これにも注意しなければならないでしょう。

効率的で損をしない不用品の処分方法とは?

では、どんな方法を使えば廃業の際に出た不用品を効率的かつ損をせずに処分することができるのでしょうか。

様々な点を考慮した上で導き出した結論としては、不用品買取業者の利用がベストということになります。

不用品買取業者とは、その名の通り使うことがなく処分に困っている品物を専門的に買い取って回収してくれる業者であり、店舗の廃業や閉店の際に発生する什器やパソコンなどの買取を専門的に行っている業者も存在し、これを利用することによって極めて高い確率で不用品の買取に応じてもらうことができます。

廃業に関連して発生する不用品だけを専門的に取り扱っている業者ですから、回収後の転売ルートを業者側でしっかりと確立していることから、一般的なリサイクルショップと比較して高額な査定が付きやすいことが大きなメリットになります。

もちろん、買取の対象となる商品であれば1点からでも買取に応じてくれますし、数十点、数百点という単位でも一括での買取に応じています。

一店舗の閉店に対する対応は当然として、複数の店舗をまとめて閉じて廃業するというケースにおいても買取専門店は力強い存在として寄り添ってくれるのです。

不用品の回収方法にはどのようなものがあるか

買取店による回収方法は複数存在しています。

例えば店頭買取は、自分自身で不用品を窓口まで運び、その場で査定を受けて買い取ってもらうという方法です。

しかしこの方法ではその他の処分方法と同等の手間がかかってしまいますから、買取専門店を利用する場合には大変便利な出張買取サービスを利用することをおすすめします。

出張買取は、不用品が発生している現場まで買取店が回収に来てくれるというサービスであり、事務所からの運び出しなどの作業を業者側に一任できることもメリットの一つになっています。

事務所で待機しているだけで処分を行うことができますから、その他の業務を並行して行っていたとしても支障を来すことがありませんし、ガソリン代や梱包代を負担することも一切ありません。

現地まで業者スタッフが車を使ってアクセスし、その場で査定を受けるという方法になりますが、買取を前提として利用する場合には出張料金や査定料金を別途請求されることがなく、諸経費を取られることなく不用品を買取してもらえますから、出張買取はこの上なく効率的なサービスと言えるでしょう。

出張買取を利用すると、今後使用する余地のない不用品を思いもよらぬほどの高額で買取してもらえる可能性が高くなります。

特にパソコンなどは使用状態によって極めて高価な査定をされることが多いですし、処理に慣れた業者であれば中に入っているデータの取り扱いや削除などの技術にも長けていますから、安心して処分を任せることができます。

運搬は全て業者側で行うため、オークションやフリマでの取引で起こりがちな「届いたら壊れていた」といった類のクレームを確実に避けられるという点も魅力的です。

さらに言えば、自分自身で望んだタイミングで不用品を現金化できるという点も出張買取ならではの魅力と言えるでしょう。

即日・翌日査定も可能な出張買取

多くの買取業者が申し込みの即日、あるいは翌日中の査定に応じていますし、提示された金額に納得することができれば、その場で現金を受け取ることも可能です。

閉店や廃業までの時間が限られているという場合の「最後の手段」としても不用品の出張買取はとても便利です。

客観的に見て買取が難しいのではないかという什器や、コンディションが悪いジャンク品のような什器にも高額査定が行われることがあります。

まずは電話やメールから出張買取の査定を希望し、現地で業者の査定員によるチェックを受け、いくらでの買取が可能なのか見積もりを出してもらってはいかがでしょうか。

リサイクルショップのケイラック

コメント