オンラインでスキルアップ!自宅にいながら学べる・使える資格取得

ビジネス

キャリアアップとスキルアップ

今の仕事にやりがいを感じていない、スキルを活かしきれていない・・・
そんなことから「キャリアアップ」を考える方も多いのではないでしょうか。
キャリアアップとは、特定の分野において今よりも専門知識を深めることで自らの業務能力や経歴を高め、更にはより高い地位や給料が見込める職を探すことでもあります。

また、「キャリアアップ」と混同されがちな言葉に「スキルアップ」があります。
よく耳にする言葉だと思いますが、実は少し異なります。
「キャリアアップ」は転職の可能性も含めて、経歴・職歴そのものをレベルアップする意味合いがあります。それに対し「スキルアップ」は、仕事を行う上で必要な知識や技能を習得してレベルアップすることを指します。
そして、より高いキャリアを望む場合、それ相応のスキルを有している必要があります。

このことから、キャリアアップするためには、それに見合うレベルにスキルアップしなくてはならないのです。

キャリアアップが求められる時代

キャリアアップ助成金、という言葉を聞いたことがありますか?

これは、企業事業主が非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ促進に尽力した場合に厚生労働省がその企業へ助成金を支払う制度です。

何が言いたいのか。

それは、国も、企業側も人材そのものの成長を期待し、育てていきたいと思っている表れでもあるということです。

かつてのいわゆる”安定した”職の特徴といえる「言われたことだけやる、教えられたことだけやる」のまま定年まで居続けるような働き手のあり方は、現在はほぼ皆無になってきています。

企業にとっても私たち雇用される側にとってもそのようなぬるま湯につかっていることは大変危険な状態と言えるでしょう。

多種多様な切り口から事業が展開されていく現代企業の切磋琢磨から雇用者、被雇用者双方が生き残るためには、いまでは「スキルアップ」していくことが重要視される課題となっているのです。

そして、もしかしたら思い切って転職、なんて選択肢が頭に浮かんだこともあったりするのではないでしょうか?

転職ともなれば、単なるスキルアップ要素だけの取得を目指すのではなく、目に見えて成長をアピールできる「資格」という明確な名札ともいえるものが必要になります。

面接官は初対面なのですから、短い限られた時間で自分をどう魅せるか、その材料としては大きな存在です。

では、やみくもに勉強すればなんとかなるのか?、むしろ何を学べばいいのか、漠然とした不安が残りますよね?
以降ではその部分を掘り下げてみたいと思います。

カギは「必要」かどうか。転職ではさらにシビアに

私が転職を経験した経験談です。

それまで名のある企業に席を置いていたため、それが有利にはたらくものばかりと安易に考えていました。

しかしそれは、有名大学から新卒採用で受ける入社試験のような看板だけのものとは違い、転職=退社のマイナススタートから、というのを差し引くと、全くの効力はありません。

ましては私の場合、名のある企業だったのが最大の落とし穴で、大きな企業ほど業務が細分化されているために、私の経験やスキルなど、転職者を迎え入れている企業にとっては10のうちの1程度の能力であったりするのです。

つまりは、転職ではよりシビアに強力なスキルが必要となり、企業内でのキャリアアップにおいては求められているスキルを見極めることが重要になります。

具体的な主な職種で求められるスキル・資格

・ファイナンシャルプランナー

金融関係で有利な資格で、国家技能検定資格や、民間資格があります。

資産運用や保険など金融商品のアドバイス業務を行う方には金融の知識を証明するひとつの道具として有効でしょう。

・診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務系の資格で、その名の通り医療における会計業務やオペレーター業務、診療報酬請求の事務仕事力などを実践になぞらえた形で証明できる資格です。

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

パソコンを利用する事務的業務では欠かすことの出来ない、Access、Excel、Word、PowerPoint、OutlookなどMicrosoftソフトの利用する技術を保証、証明する資格です。仕事以外でも触れることの多いものだけに、人により使用できる技術はさまざま、それを面接時などにハッキリ目に見えたものにしてくれるので有効です。

・宅地建物取引士

よく「宅建」や「宅建士」と呼ばれる国家資格です。
不動産業やハウスメーカーなどでは欠かすことの出来ない資格で、実際に業務を行う上では従業員5名中に1人はなくてはならないものです。他に工務店やディベロッパー、建設会社などでも重宝されることから、キャリアアップ・スキルアップ資格の上位に必ずといっていいほど見かける強力な資格です。

スポンサーサイト: オンライン学習 ビジネス日本語  ジパン ビジネスマナー

 

・日商簿記検定

そのままの印象通り、事務系にとても強い資格です。日本商工会議所が実施するもので、2級以上を獲得していればかなり大きな強みになります。企業の経理会計はもちろん、決算業務や財務などのより責任感の問われる業務にも役立つため、企業の信頼は厚いといえます。

・介護職員初任者・介護福祉士

最近の介護職の求人ではこの初任者資格を入社後に取得させてくれる企業もよく見かけますが、面接時点にもっていればその上の介護福祉士までも企業によってはサポートしてくれる場合もあります。ひとと関わるとても心持ちが大事な職種だからこそ、予備知識として資格取得で自身をつけておくのもおすすめです。

このほかにもまだまだありますが、転職ではなく現職でのスキルアップを狙うのであれば、これに限らず慎重な見極めをして関連した細かな部分まで学ぶことも一考かと思います。

そのこともふまえ、次は仕事をつづけながら学びやすい人気スキルアップスクールの一部をご紹介します。

仕事と両立して効率的に学ぶ、オンライン学習例

・TECH::EXPERT

上記オンライン講座とは住み分けた全く違うタイプの講座受講システムで、ITエンジニアに特化したデザインスクールです。

その大きな特徴は、未経験からでも即戦力が約束された徹底的なプロ育成、専属のキャリアアドバイザーがしっかりサポートすることで、エンジニアとして転職またはフリーランスとして案件を受注に成功しなかった場合の受講料全額返金という強気な姿勢で、あなたの本気をがっちり応援してくれます。

さらに独特なスタイルなのは、オンラインも利用しながら、基本的には教室での活きた学習を中心とする点。

教室で対面で吸収しながらも、通う時間は短期集中型や夜間・休日を利用した普段の仕事と両立しやすいタイムスケジュール、通えない時間こそオンラインを利用して質問してみる・・・など、知りたいを効率よくカバーしてくれます。

新しくデザイナークラスも新設され、WEBデザインの最先端を本格的に習得でき、同期受講生と切磋琢磨しながら、より実践的な力を身に付けられます。

・オンスク.JP

さまざまな講座を月額980円の低価格から受講し放題なプランもあり、初めての通信制スクールにありがちな敷居の高さをあまり感じることなくスタートできるのが特徴です。1つの資格取得にこだわらず関連スキルも学ぶことができる利点があります。

もちろん手軽さのみならず、特定資格を重点的に期間パックでじっくり学ぶ資格別プランもあったり、英語は大きな一つのカテゴリとして、即戦力あるビジネスシーンごとのコース分けを用意されており、痒い所に手が届く、受講者目線のスタイルを提供してくれます。

動画、パソコンとスマホの両方で使い分け出来るなどのコンテンツが充実しています。

オンスク.JP - 資格受け放題のオンライン学習サービス
オンスク.JPは、パソコンやスマホで資格学習ができるオンライン講座です。社労士・宅建・行政書士・ビジ法・FP・簿記など各講座をプロ講師の講義動画と問題演習で学べます。通勤の電車やちょっとした空き時間でいつでもどこでも効率よく学習。

・無料オンライン学習Livoo!

驚きの実質無料を謳うこのオンラインスクールは、ご紹介した転職などに強い資格を中心に、無料で動画講義を閲覧することができます。し。

さらに詳しく学びたければオプション有料プランもあるので、自宅学習の自己管理に不安がある方でもお試しで始めるにはとても参加しやすいかと思います。

無料提供な理由は、広告収入と職業紹介事業収益とあるように、資格取得後のお仕事の紹介まで同じサイト内にあり、モチベーション維持も期待できます。

宅建士、日商簿記、行政書士など、現在勤務のお仕事にプラスになるような資格をとりあえずチャレンジも可能なところが嬉しいですね。

無料オンライン学習・講座で資格取得・スキルアップするならLivoo!
無料で学べるオンライン学習・講座のLivoo! (リ&...

まとめ

スキルを取得したり、伸びを実感すると、自分自身の社会的活動も自信に繋がり、意図せず本来の業務のパフォーマンスが向上することもあるようです。

惰性でその他大勢にならない、職場での存在感こそが企業に求められる人材なのではと思います。

スポンサーサイト: オンライン学習 ビジネス日本語  ジパン ビジネスマナー

コメント