美肌を目指すためのおすすめスキンケアのポイント評価

ブログ

美肌の一歩は毎日の洗顔と保湿にあり!!

美肌を保つためのポイントは、毎日丁寧な洗顔と保湿を行うことです。

「毎日洗顔も保湿もやっている」という方でも、そのやり方はもしかしたら肌に負担をかけているかもしれません。

そして、肌の状態は年齢によって変わってくるので年齢にあわせたケアも美肌を保つためには大切です。

では、どのように肌ケアをしていけばよいのでしょうか。

洗顔・保湿のポイント

メイク、皮脂、ホコリなど1日の終わりには肌にさまざまな汚れが付着をしています。

そして、朝起きたときには寝ている間に分泌された皮脂で汚れています。

こういった汚れが肌に残ったままだと、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビ、くすみなど様々な肌トラブルを引き起こすことになります。

そのため、肌トラブルを防ぎ美肌を保つには、正しく洗顔を行うことがポイントになります。

美肌を目指す!洗顔の役割とは?ポイントは?

ではまず、洗顔が美肌とどう関係しているかご説明しましょう。

洗顔の目的は、古くなった角質や余分な皮脂や汗を、ほこりなどを落とすことです。

肌に古くなった角質などが蓄積されると肌がくすんで見えたり、肌荒れの原因になったりします。

また、洗顔をすることで、肌が滑らかにし、その後の化粧水や美容液が馴染み安くなるという効果が期待できます。

正しい洗顔をすることが、美肌への最初のポイントと言えるでしょう。

では、美肌を目指す正しい洗顔方法をご紹介しましょう。

・洗顔方法

1・手を洗う
手には雑菌や汗などさまざまな汚れが付着をしていて、その手で顔を触ると肌に刺激を与えることになるので、洗顔前には手を洗います。手を洗っておくと洗顔料の泡立ちがよくなる働きもあります。

2・泡はたっぷりと作る
少なくとも卵1個分ほども泡を作ります。たっぷりと泡を作っておくと洗顔中に肌をこすることがなく、摩擦による肌への負担が軽減します。泡立てネットを使い、少量の水を加えて空気を含ませるように泡立てると、簡単にふんわりたっぷりな泡ができます。

3・泡を転がすように洗う
ゴシゴシとこすって洗うと肌を傷つけてしまうので、泡をクッションにして転がすように洗います。ゴシゴシこすらなくても洗浄成分によって汚れは落ちます。

4・しっかり洗い流す
洗顔料が残っていると肌荒れの原因になるので、すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流します。最低でも20回は洗い流すようにしましょう。熱いお湯は必要以上に皮脂を奪って乾燥させる原因になるので、ひと肌よりも少しぬるいお湯または水を使用します。

5・タオルを押し当てるように水気を拭き取る
水気を拭き取るときにこすらないように気をつけてください。清潔なタオルを顔に押し当てるようにしてタオルに水分を吸収させます。

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態になっています。肌が乾燥をすると肌表面の角質層の構造が乱れて、くすみ毛穴の開きシワなどの肌トラブルの原因になるので、洗顔後はすぐに保湿ケアを行いましょう。

フラーレン配合のオールインワン化粧品【COCORO化粧美容乳液】

・保湿ケア方法

1・化粧水
化粧水には水溶性の美容成分を与える役割と、次に使う化粧品のなじみをよくする働きがあります。
化粧水はコットンまたは手でつけます。
コットンでつけるときに気をつけたいことは毛羽立ちです。化粧水の使用量が少ないとコットンが毛羽だってしまい、パッティングをする際に肌に刺激を与えるので、コットンが透けるくらいの量の化粧水を使うようにしましょう。
手でつけると顔のすみずみにまで化粧水が広がっていないことがあるので、小鼻の周りや目の周りなど細かな部分にも化粧水を行きわたらせるようにします。

・乳液
乳液には水分と油分を与える役割があります。
コットンでつける場合も手でつける場合も、製品に記載されている使用量を守るようにしてください。
コットンでつける場合は、手でつけるよりもやや多めの量を使用をすると摩擦が軽減します。顔の内側から外側に向かって広げていきます。
手でつける場合は、両手のひらに広げてから顔の内側から外側に向かって円を描くように広げます。

・クリーム
クリームな乳液よりも油分が多く、油分を補うことによって肌の潤いを保つ役割があります。

乳液とクリームの2つを使うと油分が多くて肌に重たく感じるので、どちらか一方の使用で構いません。
製品に記載されている量を手のひらに取り出し、両頬・額・鼻・あごにのせて顔全体に広げます。ジャータイプの場合は直接手で取らずスパチュラを使って取り、中身を清潔に保つようにします。

どのステップも肌をこすらないようにすることがポイントです。

おすすめ商品

洗顔と保湿のポイントを押さえたら、毎日コツコツと続けることが大切です。いくつものステップが必要なケアでは毎日ケアを続けることが大変なので、簡単い毎日続けられるようにシンプルな化粧品を選ぶとよいでしょう。

・マルクパージュ 洗顔料&オールインワンゲル

洗顔の後はオールインワンゲルでケアをする、簡単2ステップのセットです。
洗顔料には15種類のフルーツエキスが配合されています。7つの無添加で肌への優しさにこだわっています。
オールインワンゲルには、5種類の海藻エキス、2種類の多肉植物エキス、6種類の保湿成分が配合されています。摩擦を抑える滑らかな使用感です。

・ストレピア 洗顔料&ゲルローション

洗顔と保湿の2ステップでスキンケアが完了するセットです。
ストレピアが配合している注目の成分がHSP(ヒートショックプロテイン)含有酵母エキスです。HSPはすべての肌悩みにアプローチをする万能成分として注目を集めています。日本抗加齢学会からも論文が発表されています。しかし、加齢に伴いHSPは減少をします。HSPが多い肌ほど肌本来の美しくなろうとする力が高まることが期待できます。
さらに、天然樹液と樹脂エキスをブレンドしたミューンSを独自配合しています。生命力のある樹木から抽出した成分がイキイキとした肌をサポートします。

年齢別の肌悩み

美容家電や化粧品を販売するヤーマンが、20代から50代の女性500名を対象に肌悩みに関する調査を行っています。その結果、約8割の女性が「肌に自信がない」と回答をしています。では、どのような悩みがあるのでしょうか。

・20代
1位毛穴の黒ずみ
2位乾燥、かさつき
3位毛穴の開き

・30代
1位毛穴の開き
1位シミ(上と同数)
3位毛穴の黒ずみ

・40代
1位シミ
2位乾燥、かさつき
2位毛穴の開き

・50代
1位シミ
2位シワ
2位ハリ、弾力のなさ

どの年代でも毛穴の悩みが目立ちますが、年齢による悩みの違いもあります。20代ではニキビやべたつきなど皮脂による肌悩みが多くありますが、年齢が上がるにつれて皮脂による肌悩みが減少をして、シワ、くすみ、かさつきなど乾燥による悩みが増えてきています。

おすすめ商品

今肌悩みを抱えているなら、肌悩みにあわせた化粧品を使うことが悩み解決のポイントです。

・ナノセリューシュ

乾燥による小ジワを気にする人をサポートする化粧品がナノセリューシュです。
年齢を重ねると肌にもともと存在するヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなど美肌を支える成分が減少をします。だからこそ、減少をするものを補ってあげましょう。
ナノセリューシュは成分をナノ化することで潤いを角質層にまで届けます。
配合している美容成分は、ヒト幹細胞培養液、EGF、FGF、ナノセラミド、ナノコラーゲン、ナノビタミンC誘導体など10種類以上です。角質層まで浸透をしてハリと潤いのある肌に導きます。
肌に届けたい成分は配合しても余計なものは不使用で、合成界面活性剤、鉱物油、着色料、香料、酸化防止剤は無添加です。
いつものスキンケアにプラスするだけで簡単に使えます。

・ホワイトニングアイクリーム

目元の状態は見た目の印象を左右します。目元の悩みをサポートする化粧品がホワイトニングアイクリームです。
ビタミンC、ナイアシンアミド、シアバター、ビタミンE、パンテノールなど目元の悩みに働きかける成分を考え抜いて配合をしています。皮膚科テスト済み、敏感肌でも使えるテスト済み、パラベンフリーでデリケートな目元のことが考えられています。
ピンとハリのある明るい目元は若々しい印象を与えます。

まとめ

いつまでも若々し肌を保っていたいと思いませんか。そのためには、洗顔と保湿ケアの見直しと、肌悩みにあったスキンケアを行うことがポイントです。ポイントを押さえて悩みの気にならない肌を目指しましょう。

フラーレン配合のオールインワン化粧品【COCORO化粧美容乳液】

コメント