カーリースとは?レンタカーとの違いやメリット・デメリットをご紹介!

ウェブ

カーリースとは?

「カーリース」という言葉、最近よく耳にしますよね。

一体何なのかご存じでしょうか?

分かりやすく言えば、今流行りの車のサブスク(サブスクリプション)です。

定額で~し放題というやつですね。

車を利用したいと持った場合、買うかレンタカーの二択しかないように思ってしまうかしれません。

税金とかメンテナンスとか色々と手間がかかるのがそう考えてしまう要因かと思います。

 

しかし、カーリースはそのどちらでもない第3の選択といえます。

リース会社が購入した車を借りて乗せてもらうイメージです。

「それってレンタカーでは・・・?」

って思ったかたも多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、カーリースとレンタカーの違いを細かくご紹介します

カーリースとレンタカーの違いとは?

確かにカーリースとレンタカーは「車を借りる」という部分ではとても似ていて、
”一言では違いを表せない”ものになっています。

似て非なるものです。

例えで言うと、DVDの月額レンタル、単品レンタルのサービス。

月額レンタルだと、月内は自由に借り放題で、値段的にもコスパがよく、

時間的な制約もないので安心感がありますよね。

それに比べて、単品レンタルは手軽さはあるものの、月額に比べると割高になってしまったり、
見る暇がなく、すぐに返却・・・なんてことになることも。

また、カーリースとレンタカー大きな違いで、一番わかりやすい点は、都度の返却があるかどうかです。

レンタカーはもちろん、借りた店舗に都度返却しなければなりませんよね。

しかし、カーリースは自分の家に持ち帰るもので、都度の返却がいりません。

 

もっと簡単にいうと、カーリースは自分専用の車、レンタカーはみんなで使う公共車といったイメージです。

カーリースの場合、車検や税金はどうするの?

先ほど説明した通り、カーリースは自分専用の車ということは、車検や税金はどうするの?

という疑問が出てくるかと思います。

答えを言えば”どうもしない”です。

カーリース会社が用意した新車を利用します。

だから、3年契約であれば車検は発生しません。

3年以上の契約の場合でも、カーリースでは税金を含めた諸費用は月々の支払額に含まれているため、
自分で調整する必要はありません。

事故に遭った場合はどうなるの?

そうですね。
ここがカーリースの大きなデメリットと言えそうです。

事故に遭ってしまった場合は、
税金とは逆で”自分で修理しなければならない”のです。

確かに税金などの諸々は月額料金に含まれているのですが、
事故に遭った際の修理費用などは含まれていないのです。

カーリース会社によっては保険が適用されたり、
修理費用を一部負担してくれる場合もありますが、
ここは契約時によく確認してみる必要がありそうです。

上記のものも含めカーリスのメリット・デメリットはこんな感じです

カーリースのメリット

・まとまったお金がなくても自分専用の新車に乗れる

・税金などを含めた車の諸費用が月々の安定的な支払いで済むので手間がかからない

・自分で車を購入したわけではないので、乗り心地が「違うな」と感じたら乗り換えができる
・ナンバープレートが選べる

カーリースのデメリット

・契約時に審査があり、審査を通過しないと利用できない
・乗らなくて良い状況になったからと言って途中で止めますができない
・事故に遭った場合の修理費用は基本的に自己負担になってしまう

高級感あふれるアルファード・ハリアーに新車で乗れます

そんなカーリースですが、
今回は、アルファード・ハリアーという車種限定のカーリースのお話をご紹介しましょう。

まずは、アルファードやハリアーがどんな車かをご紹介しましょう。

アルファード

アルファードは高級感があるのに家族層にも人気で親しみやすい車種になっています。

ミニバンなので3列シートになっていて、5人以上でもゆったり乗れます。

2人以上のお子さんがいる方や、3世代での移動が多い方などにもおススメです。

内装も車内という感じではなくおしゃれ空間といった様相となっています。

ハリアー

ハリアーは様々な目的に答えてくれる遊び心のある車種です。

車内には防音加工がなされていたり、用途に応じてカスタムしやすいような作りになっています。

趣味が多彩な人には打って付けの車になっています。

どちらも大きいため、あまり小回りはききません。

狭い道などにはあまり適さない車と言えます。

新車でアルファード・ハリアーをカーリースする料金は?

気になる料金ですが、

今回ご紹介するカーリースですが、
アルファードが新車3年契約で 月額44,990円
ハリアーが新車3年契約で 月額23,100円になります。

月額料金以外に、初期費用として頭金が別途300,000円必要になります。

アルファードの3年での総支払額は1,919,640円で、
ハリアーの3年での総支払額が1,131,600円になります。

アルファードを新車で購入すると、安いものだと3,000,000円~で、
高いものだと7,000,000円くらいのもまであります。

ハリアーだとアルファードよりも少しだけ安いような感じはありますが、
2,500,000円~5,000,000円です。

新車で購入することを考えると、このカーリースが
かなりコストを減らせている印象を受けるかと思います。

でも、「自分たちの負担額は少ないけど、実際に新車を購入する
カーリース会社は損するんじゃないの?」
「なんか怪しくない?」と考える思慮深い方もいらっしゃると思います。

きちんと理由があるのでご安心ください。

今回ご紹介するカーリースのお話は、上記の車種限定のように、
ある程度制限が設定されています(制限内容は次の項目で説明します)。

ではなぜ制限が決められているのでしょうか?

それはリースとしての3年間を経た後に海外への販売がすでに決まっているからなんです。

そのためにも、ある程度の品質を保っていなければならないという理由があります。
そして、販売先が決定しているため、車の仕入れも大量に行えるんです。

一度に大量に仕入れるため、ある程度コストもカットできるというからくりになっているのです。

本来カーリースは契約年数や車種などを自由に選べるところに魅力があります。
もちろん頭金が必要なかったり、月々の支払いがもっと安い会社もあります。

しかしその場合、契約期間が3年ではなかったり、1か月単位で見ると安くても、合計の支払額が高くなってしまったりします。

また、契約期間が長くなるとその分、車自体も古くなってしまいますよね。

ちなみにアルファードやハリアーをレンタカーした場合は、

アルファード・ハリアー共に24時間で25,000円前後になります。
金額だけで言えば、2日間以上乗りたい場合は、断然カーリースの方がお得になってきますね。

制限の詳しい条件

・車の仕様と車体カラーが固定されている

カーリース終了後の販売先が決まっているからこそ、同じ仕様のものを仕入れなければなりません。
そのため、他のカーリース会社にあるようなオプションが無かったり、
車体のカラーがシンプルな白と黒に固定されています。

・契約年数が3年に固定

通常カーリースは契約年数が、3年、5年、10年など自由に選べるタイプが多いですが
今回は3年固定になっています。

・最大走行距離が500kmに固定

一月で走れる最大走行距離が500Kmまでとなっています。
一般的なカーリースで設定されている最大走行距離は1,000km以上であることが多いです。
それと比較すると500kmというのは少し短めの設定ではあります。

今回ご紹介のカーリースのメリット・デメリットのまとめ

メリット

・1,000,000円以上のお金が手元に無くても、高級な新車に乗れる
・月々の支払いはレンタカー丸一日借りるくらいの料金で良い
・車検やメンテナンスなどの車周りの雑事が必要ない

デメリット

・頭金が必要(300,000円)
・月間走行距離が500Kmまでとなっている
・契約期間が3年で固定されている

 

まとめ

今回のお話をまとめると、

月に500kmまで走れる高級車のハリアーやヴェルファイアが新車で乗れて、それでいて月額の支払い額は50,000円以内というお得なお話です。

自分の車の使用頻度と使い方次第ではカーリースは、とても使い勝手の良いサービスになり得ます。

「車に乗りたいけど、購入するのはちょっとな…」と考えている方は、
カーリースにも目を向けてみると良いかもしれません。

 

コメント