おすすめの遺品整理! さいたま市のリサイクルショップでお得に手軽に解消!

ad健康

故人の遺品整理。実はこんなに大変!

高齢化社会や核家族化など、様々な要因から近年社会問題化されているのが、大切な親族の方が亡くならた際に発生する遺品の存在

遺品は、いわば亡くなられたばかりの故人の方がそまで大切に使っていた様々な品物ですから、たとえそれを整理する御遺族の方にとっては不用品であったとしても、なかなか処分できなかったり処分自体に躊躇してしまったりと、思うように進まないのが現状。

また、近年、要らなくなったものを処分すること自体に一定の手続きやルールが課せられているので、いらないからとって安易に捨てることもできず、処分にテマや高額の処分費用がかかってしまうケースも少なくありません。

結果、自費を支払ってまで遺品整理を行うことを拒絶する御遺族の方も多く、賃貸物件でこのような問題が発生した際には、裁判による係争に至ることも多いようです。

特に、同居されている故人の遺品整理よりも別居の故人の遺品整理は様々な問題をはらむこともあり、同居別居を問わず遺品整理は様々な難題を抱えてる作業といっても過言ではありません。

このように生きている方の意思に基づいた身辺の整理と比べ、亡くなられた方の遺品を整理する作業は過酷を極めるといってもよく、こうしたトラブルや負担を避ける目的から声高に喧伝されているのが、生前整理という作業です。

スポンサーサイト: 遺品整理 生前整理 埼玉県 さいたま市 不用品処分

注目される「終活」と生前整理の重要性

高齢化社会への移り変わりとともに、これに関する様々な新しいワードが誕生しており、中でも特に注目されるワードとして多くの方に周知されているのが、「終活」という言葉。

終活とは、就職活動を意味する「就活」という言葉をもじって作られた新しい言葉で、本来では人生の終焉を迎える方の最後の活動という意味を持ちますが、最近では40代や50代などまだまだこれからも元気に生きていける方が事前に行っておく作業という意味合いでも使われるほど。

終活には様々な作業が含まれており、例えばご自身がお持ちの財産に関する決め事を行ったり、前交流をもつ方への最後の連絡、更には死後に関する希望をしたためておく遺言状もまた、終活の1つに当たります。

では、わざわざ終活を行うことでどのようなメリットが発生するのか?その最大の理由となるのが、死後、御遺族の方にかかる負担を大幅に軽減できるという点。

例えば、終活の段階で、ご自身がもつ生活用品や備品、大切にされていた品物の処分先を予め指定したりご自身で処分を行っておくことで、死後、御遺族の方がそれらの作業を行う手間が省ける上、処分にかかる費用も負担する必要がありません。

特に、ご自身にとっても大切なものであったとしても、残される御遺族の方にとっては価値がないと不用品と判断されるものも決して少なくはないですから、こうした作業を終活として事前に行っておけば、死後に御遺族の方に負担をかけずに済むというわけです。

では、改めて終活を通じて生前整理を事前に行っておくことで、どのようなメリット(長所)が発生し、またどのようなデメリット(短所)が考えられるのかチェックしてみましょう。

終活で生前整理を行うメリット・デメリット

では、終活を事前に行っておく際、生前整理という作業を行うことで、どのようなメリットとデメリットを被る可能性が考えられるのでしょうか。

まず、メリットして最も大きなポイントとなるのが、前述したとおり、残された御遺族の失意の中での負担を軽減できるという点。御遺族から見れば、亡くなられた故人が大切にされていた品物だからこそ、ご自身にとっては不要品であったとしてもなかなか処分できず、おまけに処分する際には費用がかかってしまうなど、負担は決して軽くありません。

本来の持ち主である方が事前に生前整理をしておくことで、葬儀など多大な負担がかかる御遺族のさらなる負担を軽減できるでしょう。

また、事前に余裕を持って身の回りの品物の処分を行うことで、本来の価値に基づいた価格で処分できるという点も利点となります。

例えば、生前整理を行わないまま亡くなられ残された御遺族が遺品を整理する際、あくまでも価値がわからないまま「故人が残した品物」とみなされ、適切な処分がなされず、価値があるものでさえ二束三文で処分してしまったり粗大ごみなどの形で捨てられてしまうことも。

本来、適切な方法で処分すれば十分な見返りが得られるものでさえ、安易に処分してしまうことを防げます。

一方、デメリットとして考えられる点については、亡くなる直前まで必要な家財道具などの物品に関して処分ができず中途半端な形で終わってしまうことが考えられますが、この点については同居を実践したり老人ホームなどの施設に入ることで十分に回避出来るので、終活における生前整理にはほとんどデメリットがないことが、これらの点からも窺えます。

 

遺品整理はどの業者を使うのが良い?

故人の方の大切な品物を処分する方法としては、遺品整理という行為自体が注目をされる昨今、様々な手段が選択可能です。

例えば、遺品整理を専門に行う業者もあり、こうした業者のサービスを用いれば、利用者側はほぼノータッチですべての作業を終えることができます。

一方、こうした専門業者の多くは、遺品を不用品として処分するため遺品の価値に関係なく処分費用が発生する点や発生する手数料自体が比較的高く、できるだけお金を掛けたくない方にとって、あまりおすすめできる方法ではありません。

では、お金を極力掛けずに遺品整理を行う方法としては、どのような方法が最適なのか?その答えとなるのが、リサイクル業者の活用です。

リサイクル業者とはご存知のように、必要がなくなった不用品を買い取ってくれる業者のことで、リサイクル業者の中には、遺品を不用品として買い取ってくれるサービスを提供するところもあり、こうしたサービスを上手に活用することで、本来であればお金を支払って処分するはずだった不用品を、逆に一定の買取額をもらって処分することができ、価値あるものについては意外な高額買取も十分に期待できるので、便利な方法として大変オトクです。

また、別居や遠方に住んでいる故人の方の遺品整理を行う際には、指定場所まで出向いて買取を行ってくれる出張買取のリサイクルサービスを活用することで、店頭までわざわざ遺品を運ぶ必要なく簡単に市処分できます。

こうした様々な要因を勘案しても、費用を支払って依頼する遺品整理専門の業者通じて遺品を処分するよりも、たとえ僅かな金額でも、買取金額が得られるリサイクル業者を通じて遺品を売却して利益を得たほうがお得といえますね。

体験談から見る遺品整理の大切さ

実際に亡くなることを何らかの理由から想定できる方を除いて、元気に毎日を生きる多くの方にとって「終活」とそれにまつわる「生前整理」という作業は、決して現実的ではなく喫緊の作業とはみなされないのは当然のこと。

けれども、実際に終活を通じて遺品整理を既に終えられた方の感想を知ることで、今すぐ必要ではなくとも生前整理の重要性を実感することは十分に可能といえます。

例えば、既に生前整理を終えたある50代女性の方の体験談として、
「健康でいられる自分にとって「生前整理」という作業は決して現実的ではないと考えていましたが、ある時、友人のお母様が亡くなられた際、故人の持つ遺品の整理について親族の間でいがみ合いが発生したという話を聞きました。私自身にも2人の子供がおり、それぞれ自立し自分の家庭を築いているのですが、私自身がなくなったとき、私が持つ遺品の処分について2人がいがみ合うことを想像すると、途端に怖くなりました。結果、まだ死ぬとは到底考えていない50代の私でしたが、予め時自分の身の回りの品物について、どのように処分するか決める事になりました。今現在で必要ない不用品についてはリサイクル業者に買い取ってもらい、生活に必要な品物については、事前に遺言状の形で処分方法について記しておいたので、私が万が一亡くなっても、大切な子ども達のいがみ合いを回避できるかな、と親心から感じています。」

この方のように、身近な方がご自身のことで仲違いすることを想像し、それがきっかけとなり早い段階での生前整理を行うというケースは決して珍しくはなく、もっと早い段階で生前整理を少しずつ行っている方も少なくありません。

実際のところ、様々な決め事を行うためには生前整理は40代からでも決して遅くはなく、より早い段階で実践しておくことで、残された御遺族の負担やストレスを回避できるでしょう。

また、リサイクル業者は見積もりだけでも対応してくれるので、「とりあえず不用品だけでも買い取ってもらえるかな?」という疑問から気軽に相談して、それから判断しても良いかもしれませんね。

最後に

問題なのは、遺品整理や生前整理の不用品処分の時にどの様な業者を利用した方が良いのか?と言う事です。気を付けなければならないのは、処分専門業者でやたらと安い見積り価格を提示してくる業者です。
処分の見積り価格は安い方が良いのではと思われがちですが、そこに落し穴が有ります。
実は私の体験談でも有りますが、父の遺品整理の時に2LDKの広さの遺品整理で、見積り金額が5万円だったのです。つい飛びついてしまいそうな安い提示金額だったのですが、埼玉県さいたま市に在る 遺品整理の かえで という遺品処分業者にも念のため見積りを依頼しました。そこで解ったのですが、その かえで さんの見積り担当者が教えてくれたことによると、安い見積り金額を提示する悪徳業者は、遺品の中に価値が有るものも黙って回収するので、トータルを考えると逆に損をしてしまうとの事です。遺品整理の かえでさんの場合は、回収金額こそ8万円という事ですが、遺品の中に中国家具などん骨董品が総額6万円の価値があるので、差し引き2万円で回収してくれる事を言われました。やはり最低3社くらいは見積りを取った方が良いと思いました。


コメント